親知らず

こんにちは。弁護士と同姓同名の横須賀中央院の副院長の丸山和也です


先日、久しく行ってなかった歯医者に行ってまいりました


特に痛いというわけではなかったのですが、定期健診のつもりで


そこで判明したのが、「親知らず」の存在



(歯科医師の先生。以下「歯」にて)「とりあえずレントゲン撮ってみましょうか」
丸山「はい・・」


・・・レントゲン撮影・・・


(レントゲン写真をみながら)

「ふんふん。左奥の親知らずが、隣の歯に向かって生えてきているんだよね~」
「そうなんですかー」
「痛みは?」
「全くありません」
「でもね、このままだとまずいんだよね~」
「はぁ~・」
「隣の歯に向かって生えてるから、その歯もやられちゃうかもしれないんだよね」
「はぁ~・・」
「あとね、その親知らずと奥歯の隙間があるのわかる?」
「はぁ~・・・」
「ここに虫歯ができてるかもね~」
「はぁ~・・・・」
「とりあえず抜かないとね」
「はぁ~・・・・・」
「でもねうちじゃこの歯は抜けないんだよね」
「えっ!?」
「紹介するから、港南台にある南部病院の口腔外科にいってきて」
「・・・・・・・」
「この親知らず、少ししか出てないから、切開しないとだめだから。」
「歯茎をですか?」
「そうだよ~」
「そうですか・・・」
「そうしたらまた来てください」
「あの~。親知らずってまっすぐ生えないんですか?」
「そんなことはないよ~。でもよくあることかな」
「・・・・」
「あ~。でもね丸山君はあごが細いんだよ」
「えっ!?(かなり意味不明でした)あごですか???」
「そう。細いから、その分出てくるスペースが無いんだよね。だからこうやって(レントゲンをさしながら)生えてきちゃうんだよねー。でもこればっかりはしょうがないよね。
「そんなことってあるんですか??」
「まーそういうことも考えられるんだよね」
「そうですか・・・っていうか右下の親知らずは、レントゲンでみると、明らかに真横に生えてきてますけど・・・」
「あーこれね。まだこっちは大丈夫だと思うよ。こっちは様子みようね。もしかしたら右と同じで切らないといけないかもしれないけどね」
「・・・・ありがとうございました・・・・」


というわけで、親知らずを抜きにいきます・・・・・切開して・・・・
正直痛いのは嫌いです。

それより、あごの輪郭でこんなことがあるなんて思いませんでした・・・・

ちなみに初めて親知らずを抜くので、痛みを伴うことは覚悟の上
考えても仕方ないので・・・


「鍼麻酔」


をしてみたいと思います


鍼治療には鎮痛作用があります


その鎮痛作用は歯痛にも効果があるんです


歯痛の鎮痛作用だけはまだ体験した事がないので、今回は自身でためしたいとおもいます


ではでは シーユー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック