マッサージの資格って???

こんにちは。弁護士と同姓同名の横須賀中央院 副院長の丸山和也です。
今日はCARTEではありませんが・・

先日の読売新聞にこんな記事が掲載されていました。
画像




鍼灸マッサージ『資格』PR

掲載されていた内容はというと・・・

 
鍼(はり)灸(きゅう)あん摩マッサージ指圧師など国家資格取得者で組織する「全日本鍼灸マッサージ師会」がPR用マークを作成。これには「厚生労働大臣 免許」という文言が入り、国認定であることを強調している。
現在、日本国内においては、無免許者が施術する整体やカイロプラクティック店が乱立しており疲労回復や骨盤矯正・O脚矯正に効果があるなどの看板や宣伝広告が目立っている。しかしながら、皮肉にも、国家資格取得者は、法律により広告方法が制限されており、施術所の住所や営業時間などの基本情報しか記載できない。更に厚労省「無免許者によるマッサージ業は認めていない」というが、肝心の「あん摩・マッサージ・指圧」の定義が明確ではないため、健康被害が出ない限り、無免許のマッサ-ジ店の取り締まりは難しく、黙認しざるを得ない。


という記事でした。

皆様ご存知でしたか??
鍼灸含め、あん摩・指圧・マッサージにも国家資格があるんですよぉ(自分もこの仕事をはじめるまでしりませんでしたが・・・)
学校は3年間通い、卒業試験が合格できて、はじめて国家試験を受験することができます。(結構長かった・・・)
国家試験は年一回。(自分のときは2月でした)
そして合格すると免許が取得できます。(試験問題は160問)


私たち国家資格者は、3年間という期間の中で、解剖学・生理学・解剖生理学を基本として、様々な病気や疾病についての知識、臨床医学各論・臨床医学総論・リハビリテーション医学・薬理学・病理学を習得します。最近よく耳にする東洋医学についても東洋医学概論・東洋医学臨床論・経絡経穴学・鍼理論・灸理論なども同様です。その他には、衛生学・関係法規などです。もちろん知識だけではなく実技科目も毎日あります。これらは国で定められたものなので、必ず履修しなくてはいけません。これらを3年間行い、国家試験に合格することで初めてお客様の施術が出来ます。

しかし無免許者の方は、国が定めたものではないため、(民間資格ですね)数ヶ月、もしくは数日という期間で、上記のような勉強をしなくても、現場にでてマッサージをすることができるんですよぉ。(カイロや整体、リラクゼーションなどですね)


この記事には載っていませんが、特に無免許の方との大きな違いは「治療行為」はしてはいけないという点です。(治したりすることですね。実は「治す」「治療」という言葉も使用してはいけないんですよぉ
これは法律上定められていることであります。ただ、法律に記載されていない言葉たとえば調整、ゆがみなどを使用してマッサージ等の類似行為を行います。記事にもありましたが、健康被害が出ていないとの事ですが、大きな問題になっていないだけかもしれませんね。



当院は院長はじめもちろん全員が国家資格者です→http://st-q.jp/koltukasikaku/sikaku.htm
そんな確かな施術を受けたい方は

http://st-q.jp/index.htm まで


あと、記事にもありましたが資格者の法律により、詳しい施術の内容、治療方法がご案内できなかったりと、院長をはじめ当院でも頭を悩ましておりますが、身体の事や、当院の事などでわからない事があれば一度ご連絡ください


ではでは
シーユー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック