丸山和也鍼灸事務所 CARTE.3

こんにちは。弁護士と同姓同名の横須賀中央院 副院長の丸山和也です。

先日友人と横須賀で食事に行った際、
「相変わらずよく食べるよなー。このでかいのは。普通夏は暑くてあんまり食べれなくなるんだぞ。この野生児め
と、言われました。
そのとおりです。よく食べます。そしてデカイです。来院してる方はご存知かと思いますが。
そんな丸山和也です。

皆さん。水分ばかり取りすぎないで、しっかり食事もとりましょう。それが夏バテ対策ですよ。鍼(はり)で痛みをとるのも、ストレッチで循環をよくするのも、マッサージで疲れをとるのも、夏バテ予防の一つですよ
ちなみに夏はですよぉ


本題へ・・
今回は、前回の続きで

「陰陽五行論」の陰陽学説

についてもう少しお話したいと思います。
前回、陰陽についてお話しましたが、なんとなくお分かりいただけたでしょうか?
今回は身体に置き換えてお話したいと思います。

人間には五臓六腑があるのはご存知かと思いますが、東洋医学ではこれらも陰陽に分類してます。

五臓肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓
六腑胆嚢・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦
これは簡単にいうと、中が詰まってるか詰まっていないかということです。(微妙なものもありますが・・・)

ほかに身体に関連するものとしては
」というのがあります。(気は見えないものですが・・)。
あとは「」(俗に言う血液)があります。これらも陰陽に分類でき


となります。
また身体の「津液(シンエキ 体にある水分〈人間のほとんどは水分ですね〉だと思って頂ければOKです)」も分類できます。
(ねばねばした水分)
(さらさらした水分)

特に「五臓六腑」「気」「血」「津液」は東洋医学にとってはとても大事なものでありますので、頭に入れておいて頂けると、丸山和也鍼灸事務所としては幸いであります


陰陽というものが少しづつですがわかってもらえてきたでしょうか?
わからない?ですよねー。一言でいえばだから何なんだって感じかとい思います。でも・・・


い~~~んですそれでい~~~んです


深く考えすぎず、なんとなくでOKですそ~なんだぁ~くらいでバッチリです
とういうわけで、今日はここまでにします。
今日のキーワードゥは
「五臓六腑」「気」「血」「津液」ですよー


ではでは。 シーユー







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック